巻き爪は自然に治ることもある?

爪の形を見ていると分かると思いますが、爪は本来丸みを帯びた形をしています。

 

そのため、ケアの仕方を間違えてしまうと巻き爪になってしまい、ひどくなってしまうと肉に食い込んでしまうこともあります。巻き爪が悪化する前は、それほど痛みも違和感も感じないため、そのまま放置していても問題ないだろうと高を括っている人もいます。

 

ですが、巻き爪は自然に治るというケースはほとんどなく、放置しているとどんどん悪化してしまう傾向にあります。では、巻き爪をそのまま放置してしまうと、どうなってしまうのか紹介したいと思います。

 

巻き爪を放置するとどうなる?

 

@痛みが強くなる
これは想像すれば簡単に分かると思いますが、巻き爪を放置していると爪が肉に深く食い込んでしまいますので、その分強い痛みを感じるようになります。
始めはそれほど痛みを感じないにしても、食い込みが深くなるほど痛みも強くなります。
しかも、場合によっては歩くたびに肉が更に食い込んでしまい、日常生活にも支障をきたすようになります。

 

A化膿する
巻き爪をそのままにしていると、肉が食い込んで傷ついている部分から殺菌が入り込んでしまい、化膿してしまう原因になります。
そうならないためには、病院などによって化膿止めをもらって使用したり、化膿する前に巻き爪をケアする必要があります。

 

B壊疽する
壊疽とはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単にすると最近に入り込まれる前に、その部分が壊死してしまうことを言います。
壊疽してしまうと、最悪の場合にはその部分を切断しなければならなくなる場合もありますので、壊疽する前にできるだけ早く改善してください。

 

巻き爪を放置するとどんどん悪化してしまい、最終的には取り返しのつかないことになることもありますので、症状が軽いうちからケアしておかなければなりません。
そこで、巻き爪をケアする方法を紹介したいと思います。

 

巻き爪をケアする方法

 

巻き爪をケアする方法として有名な方法は、綿を使う方法と矯正キットを使う方法です。
コットンを使う方法は巻き爪によって食い込んでいる部分に綿を詰めることで、爪による痛みを感じませんので、痛みを軽減できます。
それから、矯正キットを使う方法は内側に巻いている爪を、矯正キットを使って外側に引っ張り続けることで、巻いている爪を元に戻すケア方法です。
どちらの方法も病院に通うことなく、自宅でケアすることができますし、病院よりも安く済むということから、よく利用されているようです。